Blog

Time Machine - Shinjuku 2010

3年前の今頃、新宿にあるエプソンの写真ギャラリー、エプサイトで iPhone で撮影した写真だけの個展「iの記憶」を開いた。写真は会場設営風景。当時は iPhone 3GS がメインカメラだったのだが、その写真を A0 に伸ばして展示したのが大きな反響を呼んだ。実験的な展示だったが、見た人は本当に驚き興奮してくれた。(デジカメWatch記事
 先日マンフロットの KLYP 発表会場に展示をするために、久しぶりに A0 のプリントをした。iPhone 5 の写真なので当時より画質は向上している。そのパネルに入れた写真を見たら、久々に写真展をやりたくなった。

Nikon D3s

Nikon D3s

Time Machine - Four Corners 2004

2004年の6月はアメリカ合衆国の中西部をブラブラしていた。写真は4つの州が直角に交わる"4コーナー"と呼ばれる場所である。 ユタ、コロラド、アリゾナ、ニューメキシコに同時タッチできる観光地とあって、先住民居留地の中でもなかなかの賑わいだった。ちょうど元ロナルド・レーガン大統領が死去した日だったので、ここ4コーナーに掲げられていた国旗、州旗は半分の高さに掲げられていた。
 しかしこの界隈のスケール感は強烈だ。クルマで延々と走りアメリカの広さを体感した。他カットを見ていると空気の匂いが脳内に蘇ってくるほどだ。この後モニュメントバレー、ラスベガス、デスバレーと放浪しロサンゼルスに到達した。再び砂漠をブラブラしたいものだ。

Leica DIGILUX2

Leica DIGILUX2

Time Machine - Ikejiri 2006

2006年6月2日、大橋付近の首都高速中央環状線松見坂立坑にいた。新宿方面からちょうど首都高速3号線の山手トンネルに突入する部分だ。地下45メートルでシールドマシンを見学したが、とても気温が高く蒸し暑かったのを覚えている。この大橋ジャンクションは完成してだいぶ経つが渋滞の名所になってしまった。
 そして昭和の亡霊とも言える外環の工事がいよいよスタートした。東名高速と多摩堤通り交差部分では、シールドマシンを運び込む立坑を掘り始めた。東京がまた変貌していく。

Nikon D2x

Nikon D2x

Time Machine - Roppongi 2003

10年前の4月、六本木ヒルズがオープンした。もう10年かという思いと、まだ10年かという思い。最近は東京ミッドタウンに行くことが多いが、日本のアップルも引っ越したので、こちらにも行く機会も増えるかもしれない。久しぶりにグーグルの食堂にも行きたいね。

Nikon COOLPIX 5000 + WC-E68

Nikon COOLPIX 5000 + WC-E68

Time Machine - Okutone 1982

仕事の合間にフィルムのスキャン。懐かしいキャンプシーンの ネガから1枚。1982年の8月に突然高校写真部の先輩から「キャンプに行くぞ!」と誘われて奥利根は水上へ。現地に着いたら、参加者はなんと都内の名門女子高の生徒ばかり!男は少数派でビックリ。しかも三角テントが主流だった時代にドームテントがズラリ。当時はダンロップのドームテントがとても羨ましかった。
 何泊か山中で過ごし、朝日岳登山や混浴露天風呂を経て、共同作業で山小屋を建てた記憶がある。東京に帰ってから、広尾や世田谷でその女の子達と会ったのだが、山でのジャージ姿と対称的に、白いセーラー服がとても眩しかったのを覚えている。日焼けとのコントラストが強烈だった。

Nikon FM, Fuji NEOPAN 400

Nikon FM, Fuji NEOPAN 400

Time Machine - New York 2001

Nikon D1x

Nikon D1x

学生時代から一緒に切磋琢磨してきた友人が一時帰国している。彼はニューヨークに移り住んで約25年。ずっとマンハッタンに居を構えてフォトグラファーとして活躍している。一時ハワイ島にも撮影の拠点を持ち、ダイナミックな火山の様子をスチルやムービーで撮り続けていた。両方とも遊びに行って世話になったものだ。今はマンハッタンに戻り、そこをベースとしてヨーロッパなどにも撮影に行っている。その行動範囲はとてつもなく広い。彼とは震災直後に一時帰国した以来の再会で、渋谷で飲み語りあった。

Nikon D1x

Nikon D1x


そんなわけで2001年のニューヨークの写真を発掘した。Macworld 2001 にスティーブ・ジョブズを撮影に行った時のものだ。世界貿易センタービルをバックにブルックリンブリッジと、Macworld のビルボード、そしてコニーアイランドのホットドッグ屋。
そういえば東海岸には随分行っていない。久しぶりに行ってみたいものである。

Nikon D1x

Nikon D1x

Time Machine - Shibuya 1985

東急東横線渋谷駅が地下になってから渋谷に行っていない。知人の話を聞くと、どうやら乗り換えが面倒になったようで、渋谷を避けて違う駅で乗り換える機会が多いという。写真は1985年のハチ公前交差点風景。行き交う人々は今より少なく、年齢層も高めだ。半蔵門線は永田町止まりで、銀座線は各駅間で照明が消える仕様だったような気がする。写真中央の渋谷宝塚はサッカースタジアム並の急角度の客席を持つ映画館だった。また右手奥に見えるドイの最上階には渋谷初の写真ギャラリーが存在した。昔撮ったフィルムを見て、変化した渋谷を懐かしみながら歩いてみようと思った。

Nikon F3, Kodak TRI-X

Nikon F3, Kodak TRI-X

Time Machine - 30 years ago

30年前のゴールデンウィーク。
ネガを漁ったら、どうやら足尾銅山方面に撮影に行っていた模様。相生から足尾線(当時)に乗って、とある駅舎で野宿した記憶がある。メンツは通っていた高校の写真部員だ。
様々なカットが出土したが、駅舎前で晩ご飯を作るカットを選んだ。この後、帰省していた暴走族の訪問を受けたり、就寝中に地震があって目覚めたのをよく覚えている。当時使っていたシュラフやコッヘルは今も手元にある。

Nikon FM, Fuji NEOPAN 400

Nikon FM, Fuji NEOPAN 400

この時期は野宿に最適なのだが、最近は寒くて今年はまだ実施していない。そろそろブラブラと星の下で眠りに行くことにしよう。

Time Machine - 中目黒・目黒川

今日二子玉川の inspired by STARBUCKS COFFEE で友人と話していた時に、子どもの頃に住んでいたところの話になった。その友人の知人が中目黒に住んでいた、と言っていたからだ。今から約30年以上前になるけど、渋谷区と目黒区の境、旧山手通りの今でもある教会の裏手の辺りに住んでいた。まだ西郷山公園ができる前で資材置き場だった頃である。

Nikon FM, Nikon Lens Series E 35mm F2.5, Kodak TRI-X

Nikon FM, Nikon Lens Series E 35mm F2.5, Kodak TRI-X

よく渋谷区の鉢山町から目黒区東山や青葉台に遊びに行っていた。テリトリーは渋谷区内が主だったが、区外に行くという行為が"遠征"的でワクワクしたのだった。その頃の中目黒は駄菓子屋とできたばかりのセブンイレブンくらいしか遊びに行く店はなかったが、春の目黒川の桜は子どもながらにも楽しみだった。川沿いの桜がとても美しかったのだ。

当時、目黒川は台風など大雨が降る度にしょっちゅう溢れかえっていた。川沿いの知人の家は庭に繋いでいた犬が溺死したり、床下浸水で区から見舞金をもらっていた。洪水の様子を美空ひばり宅前の坂上から見物したり、出たばかりのハンディビデオカメラで流されていくクルマを撮影したこともあった。水が引いたあとはとても汚く臭ったものだった。そこであまりにも目黒川が溢れるので、川を改良してキャパシティを増やすことになった。その工事の邪魔になる川沿いの桜はほとんど切り倒され、名物の花見も一時途絶えたのだ。これが当時とてもショックで今でも目黒川近くを通るとそれを思い出す、という話をした。工事完了後、切り倒した桜が新たに植えられ復活し、再び名物になったのは多くの人がご存じだろう。

帰ってきて30年前に撮ったフィルムをスキャンした。工事前の目黒川だ。川の中が二段になっているのがわかる。両サイドには立派な桜と桜祭りの照明が風に揺れていて、中目黒駅方面には東急ストアの看板が、そして撮影している橋はリベットが眼に入る。フレーム上の3人はおそらく近所の人だろう。

Nikon FM, Kodak TRI-X

Nikon FM, Kodak TRI-X

もう1枚は西郷山公園横の西郷橋の写真だ。走っているクルマと消火栓の広告が時代を感じさせる。橋の内部にガードレールがあるがこの少し前までなかった。上部の標識類もなかったと記憶している。西郷橋は短いがトンネル内は暗く、昔は嬰児捨て場としてこの場所は有名だったという話を聞いたことがある。

という感じに、発作的に昔のフィルムをスキャンしてアップするかもしれない。何しろデジタイズしていないフィルムは大量にあるのだから。